SBSホールディングス株式会社・鎌田正彦社長 年頭所感 – ルート配送、緊急配送の軽貨物は愛商物流|首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)が得意

Outgoing

SBSホールディングス株式会社・鎌田正彦社長 年頭所感

2021年1月4日


【Logistics Today 1月4日より】
SBSホールディングス株式会社・鎌田正彦社長が念頭所感を述べました。
鎌田社長が言われるようにBtoBが縮小、BtoC、食品系が伸びている。今年も基本は BtoCが伸びると思われるがBtoBも微増で予想されている。
軽貨物業界は何と言っても宅配をどれだけ取り込めるかで業績が大きく変わるであろう。宅配大手にamazon、楽天、ネットスーパーなどコロナ禍で益々需要は高まる事と失業者が増える事で、働き手も確保でき飛躍的に業績を伸ばす会社が増えると考えられる。軽貨物業界に新たに参入する企業や個人も予想される。ここで重要なのは長年やっている我々はグループ力と今まで培ってきたノウハウで他社と圧倒的な違いを見せ新規参入会社を業界から撤退させられるよう踏ん張らなければならない。
詳細記事はこちら(Logistics Today)