Outgoing

佐川・日本郵便の自動走行ロボ

2021年9月13日


実用化へ前進!
物流大手が自動走行ロボットの実用化に取り組んでいる。
佐川急便はソフトバンクらと連携し、国内で初めて信号機の表示を受信して横断歩道を渡る実験に成功した。
日本郵便も公道での実験を進めている。
政府は2021年度中にもロボットの公道での走行を認める方針で、物流企業は配送の効率化のためにロボット導入を目指す。
SGホールディングス傘下の佐川急便はソフトバンクや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と連携。
自動走行ロボットと信号機の連携システムを開発し、東京都港区内で公道での実証実験を行った。
連携システムは信号機の表示をクラウド上で共有し、ロボットが自動で識別して交差点を横断する仕組み。
スマートフォンのアプリでロボットの現在位置の確認や目的地に到着した際の通知受信機能も搭載した。