ニュース

環境省、宅配再配達”防止”へ機運高まり

2017年3月30日


国を挙げて宅配便の再配達削減に取り組もうと呼びかけるキャンペーンが29日、環境省を中心に立ち上がった。その名も「できるだけ1回で受け取りませんか」キャンペーン。環境省はこの取り組みへの賛同を広く呼びかけるため、国民運動に位置付けるとともに、再配達防止の大切さを訴える「萌えキャラクター」の3次元CG動画を作成、動画投稿サイト「ユーチューブ」上で公開している。

 

キャンペーンのキックオフイベントでは山本公一環境相が「宅配便のうち2割が再配達されており、年間9万人相当のトラックドライバーの労働負担、年間42万トンのCO2排出増をもたらしていると推計されている。宅配便の再配達の削減、そしてCO2の削減に向け、『COOL CHOICE(クールチョイス、「賢い選択」)推進チーム』で展開する国民運動の一環として、新たなキャンペーンを開始する」とキャンペーンの開始を宣言。

 

今後は「COOL CHOICE」内の特設ページで事業者の取り組み、国民が実践できる宅配便再配達防止の方法、「先日決まった」というCOOL CHOICEのイメージキャラクターを活用した、再配達削減を促すための動画の公開などに取り組む。