ニュース

広告会社の「宅配職場受け取り」に物流連賛同

2017年6月14日


広告会社が呼びかける「宅配物の職場受け取り運動」に日本物流団体連合会(物流連)が賛同することになったと発表した。

 

この運動はことし3月から呼びかけてスタートしたもので、再配達削減に取り組む政府の方針もあって賛同の輪が広がり、6月時点で55団体が賛同している。これまではIT系の会社による賛同が中心となっていたが、物流連の賛同を得たことで、今後、業種や地域的な広がりにつながることを期待する。

 

経緯について「広告会社がこういう運動を呼びかけるのを不思議に思う方もいるかもしれないが、宅配の効率が悪化すればネット通販の衰退にもつながりかねず、そうすれば当社の事業領域である広告収入も減少する。直接的につながることでなくとも、何かできないかと考え、トライすることにした」と説明している。