宅配便個数が年40億個突破、国交省調べ – 首都圏を中心に軽貨物・一般貨物輸送 愛商ホールディングス

ニュース

宅配便個数が年40億個突破、国交省調べ

2017年7月31日


ネット通販など電子商取引(Eコマース)の急増で、国内の宅配便取扱量が増加しています。

 

宅配便の個数は、ヤマト運輸(宅急便)が46.9%。佐川急便(飛脚宅配便)が30.6%・日本郵便(ゆうパック)が15.9%。合わせると約9割以上となり、この3社が市場を占めます。

 

詳細記事はこちら(Logistics Today)